考え

その後のリスク

    ブランドイメージを守りつつ定期的に在庫を処分していく事は難しい。

    在庫を減らす事とブランドイメージを守る事。
    両立し得ないそれらに板挟みになっている商品担当者様は多いと思う。
    狙うべきは、「最低限のブランドイメージ毀損で少しでも高く売る事」なのですがそれ以外にも考えなくてはいけない事があります。
    一般的にアパレル在庫を処分する際には在庫買取会社のいずれか一社にお任せする事が多いと思います。
    が、怖いのはそれからです。
    買取業者は横のネットワークで広く繋がっています。
    そのネットワークを利用し、商材を転売します。それらを売る際には売りやすいように切り売りする事も多く、あっという間に拡散されるケースは実に多いです。
    アパレル商材を売る際には、買取業者は一社であってもその商品はその一社が持ち続けてくれるワケではありませんので注意が必要です。
    また商談の際に、様々な条件を付与する場合もあるかと思います。
    それにも気をつけなければいけません。その買取会社ではその条件が守られるとしても、その買取会社から別の買取業者にそれらの商材がわたった場合はその限りではないケースも多いです。
    実際に弊社の所には、本来は普通に販売出来ないような案件も多く寄せられます。
    弊社の場合は転売することはありませんし、自店舗でのみ販売するので、ワケのわからないような事にはなりません。
    どうぞお気軽にお問い合わせください。